コラリッチに凝縮されている成分|嬉しい効果を噛み締める

女性

ニキビケア用の化粧品

女の人

炎症を抑える成分

ニキビができると、肌は炎症により赤く腫れますが、炎症がおさまっても赤みが残ってしまうことがあります。なぜなら赤い腫れは、局部的に多くの毛細血管が作られることで生じるからです。炎症は数日程度でおさまりますが、作られた毛細血管はすぐには消えません。そのため赤みのあるニキビ跡として、肌に長く残るわけです。しかし毛細血管は、炎症によって作られるわけですから、炎症を抑えれば、多くは作られなくなります。そのためには、ニキビができた時には早めに、ニキビケア用の化粧品を使用することが大事です。炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムなどの成分が配合されているので、赤い腫れが生じにくくなる上に、赤みのあるニキビ跡が残る可能性も低くなるのです。

ターンオーバーを促す成分

ニキビケア用の化粧品には、多くの場合、ターンオーバーを促すプラセンタやプロテオグリカンなどの成分も配合されています。ターンオーバーとは、状態の悪くなった肌を排除しつつ、新しい肌を作ることです。これがおこなわれなければ、肌はいつまでも状態の悪いままとなるのですが、ターンオーバーがおこなわれれば、健康な状態へと生まれ変わることができるのです。そして赤みのあるニキビ跡も、このターンオーバーによって消すことができます。つまりニキビケア用の化粧品は、ニキビ跡を防ぐためだけでなく、除去するためにも役立つということです。さらに、ニキビができる前から使用していれば、肌の健康状態が保たれることで、ニキビ自体が生じにくくなります。